悪玉コレステロールの数値が高い原因を知りましょう!

悪玉コレステロールの数値が高い原因を知りましょう!

コレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあります。
どちらも大切な役割があります。
しかし、悪玉コレステロールの数値が高くなりすぎると問題が生じてきます。
悪玉コレステロールの数値が高くなると、動脈硬化を引き起こして、さまざまな病気を引き起こす原因になります。
そもそも、悪玉コレステロールが高くなる原因は、生活習慣や食生活、病気による影響、親からの遺伝などがあります。
食事はコレステロールの多い含む「油」の摂取を控えることが大切です。
炭水化物を摂りすぎると肥満の原因になり、悪玉コレステロールを増やす原因にもなります。
食事以外にも、アルコールの飲み過ぎや喫煙、運動不足やストレスなども原因になりますので、乱れた食生活を見直す必要があります。
糖尿病や甲状腺の病気が原因で悪玉コレステロールの数値が高くなったり、両親から受け継いだ遺伝子が原因で数値が高くなる場合もあります。
悪玉コレステロールの数値が高くなった場合には、原因を把握して数値を低くするようにしないといけません。お世話になってるサイト⇒悪玉コレステロールに効果のあるお茶

コメントは受け付けていません。